広島県の屋外広告物許可、屋外広告業登録申請は広島県 屋外広告許可申請支援窓口にお任せください

広島市における屋外広告物の許可基準

このページでは、広島市における屋外広告物の表示・設置の許可を受けるための基準を詳しく解説しています。

国外広告物の許可基準は、各都道府県、指定都市、中核市、景観行政団体ごとに地域の特色に沿った形で規定されており、市町によって基準が異なる場合があります。

指定としてある広島市においても広島県の条例とは異なり、広島市の条例等により、周辺の街並みとの調和や景観への配慮の観点から独自の許可基準が設けられています。

まずは、広島市内で適用される許可基準の内容を確認し、広島市の景観計画に定められている区域内における許可基準を見ていきましょう。

屋外広告物の許可基準

地上に設置する広告等又は平看板の許可基準
家屋連たん区域内に設置するもの
表示面積 20平方メートル以下
高さ 地表から15メートル以下
家屋連たん区域外に設置するもの
表示面積 30平方メートル以下
高さ(平看板) 地表から6メートル以下
高さ(広告塔) 地表から10メートル以下
家屋連たん区域外で高速自動車国道の路肩から展望することができる区域内に設置するもの
高速道路の路肩からの距離 500メートル以上
広告物相互間の距離 300メートル以上
表示面積 40平方メートル以下
高さ(平看板) 地表から6メートル以下
高さ(広告塔) 地表から10メートル以下
※家屋連たん区域とは、半径150メートルの範囲内に連たんする戸数が10戸以上の区域をいいます。
建築物の屋上に設置する広告等又は平看板の許可基準
地表から広告物の上端までの高さ 46メートル以下
広告物自体の高さ 建築物の高さと同等以下
建築物の側面から 外側にはみ出さないこと
建築物、工作物等を利用する突出し看板の許可基準
表示面積 20平方メートル
路面から看板の下端までの高さ 車道の場合4.5メートル以上
歩道の場合3.5メートル以上
突出し幅 道路上1メートル以下
アーチ看板の許可基準
表示面積 30平方メートル以下
路面から広告物の下端までの高さ(道路を横断する場合) 車道の場合5メートル以上
歩道の場合3.5メートル以上

現在のところ、原則として認められないことになっています。

立看板の許可基準
表示部分の大きさ 縦2メートル以下、横1メートル以下
脚部の高さ 0.5メートル以下
  • 道路上への設置は認められません。
  • 強風で飛ばされないように、頑丈に固定すること。
  • 独立式の置き許可されません。
アーケードへの付加看板の許可基準
電柱、街灯柱、消火栓標識等を利用し設置する看板の許可基準
道路上の電柱等への付加看板
個数 1柱につき1個まで
大きさ 縦1.5メートル以下、横0.8メートル以下
表示面積 1平方メートル以下
路面から看板下端までの高さ 車道の場合4.5メートル以上
歩道の場合3.5メートル以下
歩道でやむえない場合2.5メートル以下
設置位置 信号機のある交差点から20メートル以上離れた位置
4.5メートル以上の高さの標識の前方10メートル・後方30メートルの区間内は、車道側に向けて添加してはならない。
道路上の電柱等への巻き付け看板
個数 1柱につき1個まで
大きさ 縦1.5メートル以下横0.8メートル以下
表示面積 1平方メートル以下
路面から看板下端までの高さ 1.2メートル以上
設置場所 道路を占用するものは道路標識の前方・後方10メートル以内の区間は、車両の進行方向に対面して表示してはならない
信号機のある交差点では、その交差点の側端から30メートル以内の区間は、車両の進行方向に対面して表示してはならない
その他の電柱等への転嫁看板又は巻き付け看板
個数 1柱につき1個まで
表示面積 1平方メートル以下
大きさ 縦1.5メートル以下、横0.8メートル以下
設置の方法 直塗りしないもの、かつ、夜光塗料を用いないものであること
電車又は乗合自動車に表示する広告板の許可基準
電車の場合
位置 側面であること
表示面積 1面につき、合計4平方メートル以下
個数 1面につき4個以下
乗合自動車の場合
設置位置 側面であること
大きさ 縦0.7メートル以下、横3.5メートル以下
個数 1面につき1個であること
]
タクシーの車体を利用する広告物及び広告塔
表示面積 合計4メートル以下
表示位置 窓に表示しないこと
広告塔は、車体の上部であること
宣伝車、電車、乗合自動車、タクシー以外の車両に表示する広告物の許可基準
設置位置 側面
表示面積 1面につき2平方メートル以下
個数 1面につき1個であること
気球広告の許可基準
大きさ 縦20メートル以下、横1メートル以下
表示面積 20平方メートル以下
はり札の許可基準
表示面積 1枚につき1平方メートル以下
枚数 1壁面につき3枚以下
はり紙の許可基準
表示面積 1枚につき1.5平方メートル以下
枚数 1壁面につき5枚以下
地下通路等吊り下げ広告の許可基準
表示面積 1枚につき1.5平方メートル以下
路面から広告物の下端までの高さ 2.5メートル以上

景観計画の区域内における屋外広告物の許可基準

広島市では、景観計画に定められている景観計画重点地区および一般区域内掲出する屋外広告物について、上記の許可基準に加え、周囲の街並みとの調和や景観への配慮から新たな許可基準が設けられています。

次の地区が13の景観計画重点地区と一般区域に区分されています。

  1. 原爆ドーム及び平和記念公園周辺地区(1:A~D地区、2:E地区)
  2. 平和大通り沿道地区
  3. 縮景園周辺地区
  4. リバーフロント・シーフロント地区
  5. 不動院周辺地区
  6. 広島東照宮・國前寺周辺地区
  7. 広島城・中央公園地区
  8. 西風新都地区
  9. 広島駅新幹線口地区
    (1:二葉の里歴史の散歩道に面するエリア、2:二葉の里歴史の散歩道に面しないエリア)
  10. 広島駅南口地区
  11. 広島市民球場周辺地区
  12. 都心幹線道路沿道地区
  13. 宇品みなと地区
  14. 一般区域(上記以外の市域)
上記の地区ごとに次のように追加で基準が設けられています。
壁面利用広告物の総量規制
建築物や塀などの工作物の一つの壁面に掲出できる壁面利用広告物の表示面積の合計について、壁面の面積に対して掲出できる上限値が地区ごとに設けられていおり、広告物の過度な表示を抑制しています。
許可基準 該当地区
7平方メートル以下壁面の面積の5分の1以下かつ20平方メートル以下 5
10平方メートル以下壁面の面積の5分の1以下かつ30平方メートル以下 1-1、2、3、6、7、9-1
20平方メートル以下壁面の面積の3分の1以下 1-2、4、8、9、10、11、12、13
壁面全体の面積の3分の1以下 14
広告物の地色の色彩の規制

景観計画重点地区では、広告物の地色の色彩について、マンセル地によるサイドの基準を地区ごとに設け、けばけばしい広告物を抑制しています。

許可基準 該当地区
地色の彩度が暖色系8以下、暖色系以外6以下 1-1、2、3、5、6、7、9-1
地色の彩度が10以下 1-2、4、8、9-2、10、11、12、13
規制なし 14
広告物の設置高さの制限・屋上広告物の設置の制限
許可基準 該当地区
設置高さが7メートル以下 5
設置高さが10メートル以下 1-1、2、3、6、7、9-1
設置高さが20メートル以下 1-2、4、8、9-2、10、11、12、13
規制なし 14
自家用広告物等への限定(第三者広告の禁止)
許可基準 該当地区
自家用広告物・管理用広告物に限定 1-1、2、3、5、6、7、9-1
規制なし 1-2、4、8、9-2、10、11、12、13、14

上記の基準以外に、届出が義務付けられる場合があります。

広島市においては、景観計画に定める景観啓カウ重点地区のうち屋外広告物について特に良好な景観形成を図らなければならない地区を「景観形成広告整備地区」に指定されています。

この景観形成広告整備地区内で広告物を掲出する場合は、許可の申請を行うものや小規模のものを除き、届出が義務付けられています。

景観形成広告整備地区は次のとおりです。

  • 原爆ドーム及び平和記念公園周辺地区
  • 平和大通り沿道地区
  • 縮景園周辺地区
  • リバーフロント・シーフロント地区

また、これらの景観形成広告整備地区で広告物を掲出する場合は、許可の申請や届出に先立ち、事前協議を行わなければならないこととされています。

広島市では、上記のように様々な規制がかけられていますので屋外広告物を憑依・設置しようとするときには、慎重に内容を確認しましょう。

屋外広告物の設置や屋外広告業の登録等に係ることなら
どんなことでも、何なりとお申し付けください。
contact

広島県屋外広告許可支援窓口は、
広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所
により運営されています。

サブメニュー

トップへ戻る