広島県の屋外広告物許可、屋外広告業登録申請は広島県 屋外広告許可申請支援窓口にお任せください

広島市における屋外広告物許可手数料

このページでは、広島市における屋外広告物許可申請に係る手数料について解説しています。

屋外広告物は、各都道府県、指定都市、中核市、景観行政団体でそれぞれ条例により規制されており、指定都市である広島市においても広島市屋外広告物条例により屋外広告物を規制しています。

屋外広告物を表示・設置するためには原則、許可が必要であり、その許可申請手数料は、広告物の種類、面積等で細かく設定されています。

また、広告物の面積の計算方法についても細かく規制されていますので、申請時にはしっかりと認識しておきましょう。

以下に屋外広告物の許可申請手数料を示します。

平看板、広告塔及び掲示板
面積 単位 手数料(光源あり) 手数料(光源なし)
10平方メートル以下 1個につき 1,780円 1,060円
10超~30平方メートル以下 4,950円 3,720円
10平方メートル増ごとに +1,780円 +1,060円
140平方メートル超 26,560円 17,710円
立看板

面積光源の有無にかかわりなく1個当たり

  • 530円

です。

電柱広告板
種類 単位 手数料(光源あり) 手数料(光源なし)
添加広告 1個につき 530円 350円
巻き広告 350円 350円
電車、乗合自動車その他公衆の利用に供せられる乗り物に表示する広告板

1平方メートルまでごとに

  • 光源あり->890円
  • 光源なし->530円
宣伝車に表示する広告板

1台につき

  • 光源あり->1,780円
  • 光源なし->1,240円
幕広告

光源の有無に関わりなく、1枚につき

  • 890円
気球広告

1個につき

  • 光源あり->1,780円
  • 光源なし->1,240円
はり札

1個につき

  • 370円
はり紙

1件につき、100枚までごとに

  • 530円

100枚以下であっても形状、意匠が異なる場合は、それごとに1件として取り扱われます。

車両に表示する広告物(電車、乗合自動車その他公衆の利用に供せられる乗り物及び宣伝車を除く)

1平方メートルまでごとに

  • 光源あり->890円
  • 光源なし->530円
地下通路等の吊り下げ広告

1件につき、100枚までごとに

  • 530円

100枚以下であっても形状、意匠が異なる場合は、それごとに1件として取り扱われます。

面積の算定方法

平看板、広告塔や自動車に表示される広告物は面積によりその許可申請手数料が定められています。

広告物の面積の算定方法は、広告物の種類、形状により細かく規定されており、複雑なものです。

その一部ではありますが、以下に解説しますのでご確認ください。

平看板で、土地、屋上等に固定して設置されるもの(建植看板)

面積の算定方法は次のとおりです。

  • 表示面の枠組みの大きさ(縦×横)で算定する
  • 原則として、看板を支える支柱、基礎等は算入しない
  • 隣接して複数の看板がある場合、看板相互間の空間部分は算入しない
平看板で、建築物の側面から垂直方向に突出して設置されるもの(突出し看板)

面積の算定方法は次のとおりです。

  • 広告板等を強化するために取り付けられている枠組みの大きさを含んで、縦×横で算定する
  • 原則として、広告物を支える部分は算入しない
  • 広告板相互間の空間部分は算入しない
  • 看板の一部に空白があっても算入する
平看板で、建築物の壁面の部分を構成する形状で設置されるもの(壁面看板)

面積の算定方法は次のとおりです。

  • 広告板等を強化するために取り付けられている枠組みの大きさを含んで、縦×横で算定する
  • 看板の一部に空白があっても算入する
建物の壁面、屋根等に直塗り、又は付加して表示されるもの(直塗り等広告物)

広告物の個数の取り扱いは次のとおりです。

  • 同一平面上に表示され、その位置関係から、一体の広告物であると認められるものは1個の広告物として扱う。
  • 一帯の広告物であると認められるものであっても、光源がある広告物と光源がない広告物は、別の広告物として取り扱う。
  • 別の壁面に表示された広告物は一体的に表示されている場合であっても別の広告物としてt理扱う。
  • 上記に関わらず、複数の壁面にまたがる広告物であっても、一連の意味を成し、一体の広告物であると認められるものは、1個の広告物として取り扱う。

表示面積の算定方法は次のとおりです。

  • 一体の広告物であると認められるものは、1個の広告物として表示面積を求める。
  • 文字等の形状にかかわらず、外郭線の縦×横で表示面積を算定する。
  • 文字の幅が文字の間隔より大きい場合は、全体の外郭線内の面積を表示面積とする。
  • 文字の幅が文字の間隔より小さい場合は、各文字の外郭線内の面積の合計を表示面積とする。
  • 大きさの異なる文字が含まれる場合は、大・小の文字間は、小さいほうの文字の部分として算定する。

上記以外にも様々な形状に応じて、面積の算定方法が規定されています。

形状が複雑であったり、さまざまな種類が複合的に配置されているものなどの場合は、どのように計算すればいいのかわかりにくいと思います。

手数料の金額が気にならないようでしたら、厳密に考える必要はないかもしれません

屋外広告物の設置や屋外広告業の登録等に係ることなら
どんなことでも、何なりとお申し付けください。
contact

広島県屋外広告許可支援窓口は、
広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所
により運営されています。

サブメニュー

トップへ戻る