広島県の屋外広告物許可、屋外広告業登録申請は広島県 屋外広告許可申請支援窓口にお任せください

広島市における許可不要で規制の適用除外となる広告物

このページでは、広島市における許可を受けることなく表示・設置できたり、禁止地域や禁止物件に表示・設置することのできる広告物及び、その基準について解説しています。

屋外広告物については、許可制であること、禁止物件があること、禁止地域があることという3つの規制があります。

そして屋外広告物という概念は非常に広いもので、そのすべての屋外広告物を規制するというのは、社会生活を営む上で適切なこととは思えません。

そのため、必要最小限の広告物、公共性の強い広告物については、すべての規制若しくは一部の規制について適用を除外されています。

広島市は政令指定都市として市の条例で独自に屋外広告物に関する規制を行っており、適応除外に関しては以下に示すようになっています。

禁止地域・禁止物件・許可すべて適用除外されるもの

法令の規定により表示・設置するもの
  • 道路標識
  • 建築確認の表示
国または地方公共団体が公共目的で表示・設置するもの
  • 納税の表示
  • 選挙関係アドバルーン
公職選挙法による選挙運動のために表示・設置するポスター等
  • 選挙ポスター
国、地方公共団体または公共団体が寄付を受け設置した公共用の施設等に寄贈社名を表示・設置するもの
  • カーブミラー
  • 街灯柱
  • 公園のベンチ

ただし、次のような条件があります。

  • 柱類にあっては、0.06平方メートル以下であること
  • 柱類以外のものにあっては、0.03平方メートル以下であること
  • 夜光塗料を用いないこと

禁止地域・許可は適用除外され、禁止物件は一部適用除外されるもの

営利を目的としない広告に係る広告物で、良好な景観形成のため表示・設置するもの

禁止物件に関しては、電柱・街灯柱等を除き、表示・設置できます。

  • 工事用囲い
  • ガスタンク
政党、労働組合等がその活動のために表示・設置するもの

禁止物件に関しては、橋梁、トンネル、街路樹、信号機、道路標識を除き表示・設置できます。

  • 組合大会の案内
  • 選挙演説案内板

禁止地域・許可は適用除外され、禁止物件は除外されないもの

事故の氏名、名称、店名等を事業所、車両等に表示・設置するもの

次の基準を満たさなければなりません。

  • 禁止地域に表示・設置する場合は、表示面積の合計が7平方メートルでなければなりません
  • 許可地域に表示・設置する場合は、表示面積の合計が10平方メートルでなければなりません
  • 自己車両等に設置・表示する場合は、表示面積が10平方メートル以下でなければなりません
  • 表示面積中に事故の名前、名称等の占める割合が5分の1以上でなければなりません
自己の管理する土地又は物件に管理上の必要に基づき表示・設置するもの
  • 〇〇建設保有地の看板
  • 立ち入り禁止の看板

次の基準を満たさなければなりません。

  • 禁止地域に表示・設置する場合は、表示面積の合計が7平方メートルでなければなりません
  • 許可地域に表示・設置する場合は、表示面積の合計が10平方メートルでなければなりません
  • 自己車両等に設置・表示する場合は、表示面積が10平方メートル以下でなければなりません
  • 表示面積中に事故の名前、名称等の占める割合が5分の1以上でなければなりません
一時的又は仮説的に表示・設置するもの
  • 冠婚葬祭等の看板

表示・設置期間が2週間以内でなければなりません。

道標・案内図板その他公共的目的・公衆の利便に供する目的のため表示・設置するもの
  • 住居表示板
  • 道路階の町内の案内図

表示面積は7平方メートル以下でなければなりません。

電車又は乗合自動車の車体、系統標識、方向標識に憑依・設置するもの
電車の場合:縦0.6メートル以下横0.9メートル以下で1面につき2個以下 バスの場合:側面は縦0.45メートル以下横1.2メートル以下、後面は縦0.45メートル以下横0.6メートル以下で1面につき1個まで
その他市町が適当と認めて指定するもの
  • 停留所標識
  • 道標
  • 案内図板等に表示するスポンサー広告

上記の条件として、表示面積が0.5平方めーtる以下であること、また、表示面積中に占める割合が5分の1以下でなけらばなりません。

以下のいずれかのものが表示するもので、事前に広島市に届け出たもの、かつ公益的目的を持ったもの、かつスポンサー名等他の目的の広告物を表示しないもの

  • 国、地方公共団体の外郭団体等
  • 日本赤十字社、社会福祉法人、社会福祉協議会等
  • 地区交通安全協会、消防団、商工会議所、青年会議所等

バス停留所の上屋に、当該上屋及びバス利用者の利便施設の整備、維持管理費用への充当を目的として掲出するもの(エムシードゥコー等)

許可は適用除外され、禁止物件は一部適用除外、禁止地域は除外されないもの

送電塔、照明塔、煙突、ガスタンク等にその所有者が自己の氏名、名称等を表示・設置するもの
  • 煙突などに会社名等を表示するもの

表示面積の合計が7平方メートル以下で、表示面積中の事故の氏名、名称等の占める割合が5分の1以上でなければなりません。

橋梁、銅像等の各禁止物件に管理者等管理上の必要により表示・設置するもの
  • トンネルの名称板
  • 橋の名称板

規制の適用除外に関して次のことを留意しなければなりません。

  • 表示面積の合計による適用除外の基準が設けられているものについては、基準を超える場合には、広告物のすべてに対して本来の規制が適用されます。
  • 車体に表示する自家用広告物については、適用除外の基準面積を超える広告物は許可が下りることはありません。
  • 適用除外の広告物を変更・改造した場合に、許可対象広告物になった時は、速やかに許可申請をしなければなりません。
  • 規制の適用除外である屋外広告物にも管理義務は生じます。
  • 管理義務を怠ったときは、改善命令や除去命令の対象になります。
  • 禁止地域において設置した自家用広告物については、住所、事業所、営業所を移転、退去する際に、表示・設置者が除去しなければなりません。

屋外広告物の設置や屋外広告業の登録等に係ることなら
どんなことでも、何なりとお申し付けください。
contact

広島県屋外広告許可支援窓口は、
広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所
により運営されています。

サブメニュー

トップへ戻る