広島県の屋外広告物許可、屋外広告業登録申請は広島県 屋外広告許可申請支援窓口にお任せください

広島市における屋外広告物許可申請手続き

このページでは、広島市において屋外広告物を新しく表示・設置しようとするときに必要な許可を受けるための申請手続きについて解説しています。

広島市は政令指定都市であるため、広島県の条例ではなく、広島市の条例で屋外広告物を規制しています。

また、屋外広告物許可申請以外にも他の法令等で求められる確認や許可が必要になる場合がありますので注意が必要です。

誰が許可申請しなければならないか

屋外広告物許可申請を誰がおこなうべきか、というのはだあれが最終的にその設置された広告物に対して責任を負うか、ということです。

これは広告物、掲出物件によって考え方が変わります。

広告物

広告物を表示・設置する場合は最終的にその責任を負うことになる広告主が申請者となります。

これは、屋外広告物そのものを設置する場合で、次のような広告物を設置する場合です。

  • 直塗り広告物
  • はり紙
  • はり札等
掲出物件

掲出物件の場合は、物件の設置者がその物件の最終的な責任者であり、申請者となります。

次のような屋外広告物を掲出するために設置されるものが掲出物件に該当します。

  • 広告板
  • 広告塔
  • 掲示板等

これらには広告物が設置されていなくても、設置するつもりであれば掲出物件として取り扱われます。

この場合には次のようなことに留意しなければなりません。

  • 貸ビルのテナント名称を列記した看板の申請者は、各テナントではなく、ビルの所有者であること
  • 広告募集する、いわゆる貸し看板の申請者は広告主ではなく、看板の設置者である

上記の場合、入居者募集中や、広告募集中で広告表示がない場合でも許可は必要です。

車両・船舶等に表示する広告物
広告の内容によらず、車両や船舶の所有者が申請者になります。

屋外広告物許可申請以外に必要な手続きを確認しましょう

屋外広告の設置場所や大きさ等によっては、屋外広告物許可申請以外に届出等の手続きが必要になります。

次のような手続きがあるので注意が必要です。

事前協議制度

一部の地区において、屋外広告物を設置しようとする場合、許可申請をする2週間前までに事前協議を行わなければならないとされています。

対象地区 協議先
原爆ドーム及び平和記念公園周辺地区 都市整備局都市計画課都市デザイン係
平和大通り沿道地区 都市整備局都市計画課都市デザイン係
縮景園周辺地区 都市整備局都市計画課都市デザイン係
リバーフロント・シーフロント地区エリア 都市整備局都市計画課都市デザイン係
上記以外の地区 (建築物・工作物に係る事前協議で、付帯する屋外広告物がある場合) 建設部建設課
景観形成広告整備地区に係る届出

景観形成広告整備地区に指定されているのは、上記事前協議の必要とされている地区です。

これらの地区に屋外広告物を設置しようとする場合は、許可申請の必要のない広告物であったとしても原則として、届出が必要になるため注意しなければなりません。

地区計画に係る届出

これは都市計画法に基づいて、屋外広告物が制限された地区が規定されており、この地区において屋外広告物を表示・設置しようとする場合は、許可申請の前に、届出を行わなくてはなりません。

届出先は、都市整備局都市計画課都市デザイン係です。

道路占有許可
道路に突出した看板等を設置しようとする場合には、道路占用許可を受けなければなりません。
道路使用許可

これは工事中の話です。

屋外広告物を設置するときにクレーン作業等で道路を使用する場合には、所轄の警察署に道路使用許可を受けておく必要があります。

建築確認
高さが4メートルを超える広告板や広告塔を設置する場合には、建築基準法に規定されている建築確認が必要になります。
土地、建物等の所有者の承諾
他人の土地、建物、工作物等に屋外広告物を表示・設置する場合には、その所有者または管理者の承諾が必要です。

屋外広告物の許可に関する留意事項を確認しましょう

地祇の事項について確認し、以前確認が必要ない場合でも、判断に迷うことがあれば、申請窓口に相談しましょう。

  • 許可基準に適合しているかどうか
  • 許可期間は1年以内であること
  • 手数料が必要であること
  • 許可条件が付される場合があること
  • 禁止広告物ではないこと
  • 許可を受けた後変更する場合には変更許可が必要であること
  • 管理義務があること
  • 管理義務を怠った場合、措置命令の対象になること
  • 義務違反を犯した場合は許可の取り消しになること

上記に留意し、許可申請を行いましょう。

屋外広告物の許可の基本的な手続き

屋外広告物を新規に設置するための許可申請手続きは次のようになります。

  1. 事前協議または必要な届出
  2. 申請書の提出
  3. 手数料納付
  4. 審査
  5. 許可証の交付

申請に必要な書類は次のとおりです。

  • 屋外広告物許可申請書
  • 付近見取り図
  • 広告物の図面、仕様書
  • 景観計画にも基づく許可基準チェックリスト(景観形成広告整備地区に設置する場合)
  • 他の法令の許可が必要な場合の許可証
  • 土地、建物の主勇者の許可証
  • 管理者を設置しなければならない場合の管理者の資格を証する書面

広島市の場合の申請書の様式は次のようなものです。

広島市申請書

屋外広告物の設置や屋外広告業の登録等に係ることなら
どんなことでも、何なりとお申し付けください。
contact

広島県屋外広告許可支援窓口は、
広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所
により運営されています。

サブメニュー

トップへ戻る