広島県の屋外広告物許可、屋外広告業登録申請は広島県 屋外広告許可申請支援窓口にお任せください

広島県における許可不要で規制の適用除外となる屋外広告物について

このページでは、広島県における許可を受けることなく表示・設置できたり、禁止地域や禁止物件に表示・設置することのできる広告物及び、その基準について解説しています。

屋外広告物については、許可制であること、禁止物件があること、禁止地域があることという3つの規制があります。

そして屋外広告物という概念は非常に広いもので、そのすべての屋外広告物を規制するというのは、社会生活を営む上で適切なこととは思えません。

そのため、必要最小限の広告物、公共性の強い広告物については、すべての規制若しくは一部の規制について適用を除外されています。

政令指定都市である広島市、中核市である福山市、呉市、景観行政団体である尾道市、廿日市市は独自に市の条例で屋外広告物を規制しており、それ以外の広島県無いにおける適応除外に関しては以下に示すようになっています。

以下に掲げる広告物に関しては、禁止地域、禁止物件に関する規制の適用を除外されます。

一 法律、命令、条例、規制等により表示し、又は設置するもの
二 公益上やむを得ないもの
三 自己看板その他慣例上やむを得ないもの
四 一時的又は仮設的なもの
五 その他知事が適当と認めるもの
(広島県屋外広告物条例第6条)
二 公益上やむを得ないもの

「公職上やむを得ないもの」とは、次のようなものです。

  • 公職選挙法に基づいて行われる選挙運動のために表示・設置されるもの
  • 個に又は地方公共団体が、公共的目的をもって表示・設置するもの
三 自己看板その他慣例上やむを得ないもの

「自己看板」とは次のようなものをいいます。

  • 自己の事業所、営業所、作業所に表示・設置されるもの
  • 自己の氏名、名称、店名、商標が記載されているもの
  • 自己の事業、営業の内容について記載されたもの

「慣例上やむを得ないもの」とは次のようなものをいいます。

  • 自己の氏名、名称、店名、商標または自己の事業若しくは営業の内容について、事故が所有、又は管理している車両に表示するもの
  • 自己の管理する土地又は建築物に管理上の必要に基づき表示・設置するもの

ただし、上記のような自己看板等であればどのようなものでも規制が適用除外になるわけではなく、次のような条件があります。

  • 広告物の表示面積の合計が、禁止区域の場合7平方メートル以下、それ以外の区域の場合10平方メートル以下であること
  • 広告物の表示面積中自己の氏名、店名、名称、商標、自己の事業、営業の内容の表示面積が占める割合が5分の1以上であること
四 一時的又は仮設的なもの

「一時的又は仮設的なもの」とは次のようなものをいいます。

  • 冠婚葬祭、祭礼、演芸会、競技会、展覧会、演説会、講演会等のために表示・設置するもの
  • 表示・設置期間が2週間以内のもの
五 その他知事が適当と認めるもの

「その他知事が適当と認めるもの」として規定されているのは、次のようなものです。

  • 政党、労働組合との活動又は行事のために表示・設置するもの
  • 国、公共団体、公共的団体が寄附を受けて設置し、又は取得した物件に寄贈者名等を表示するもの
  • 電車又はバスの車体に表示するもの
  • 電車又はバスの系統標識及び方向標識に表示するもの
  • 停留所標識、道標、案内図板その他公衆の利便に供することを目的とする物件にj表示するもの
  • 工事現場の板塀、板囲い等に表示するもので、表示期間が工事の期間中に限るもの
また、「電車・バスの車体に表示するもの」はどのような広告物の表示も規制の適用除外されるわけではなく、次のような条件を満たす場合規制の適用除外となります。
電車の場合
  • 側面に表示されていること
  • 縦0.6メートル以下、横0.9メートル以下であること
  • 1面につき2個まで表示可能
バスの場合
  • 側面又は後面に表示されていること
  • 側面の場合、縦0.45メートル以下、横1.2メートル以下であること
  • 後面の場合、縦0.45メートル以下、横0.6メートル以下であること
  • 1面につき1個までとすること
「電車又はバスの系統標識及び方向標識に表示するもの」に関しては、次の条件を満たす場合に規制の適用除外となります。
電車の場合
  • 表示する広告物の面積は、系統標識又は方向標識の面積の2分の1以下であること
  • 1面につき1個までであること
バスの場合
  • 後面に表示されていること
  • 広告物の表示面積は、系統標識又は方向標識の面積の2分の1以下であること
  • 表示できる数は1個まで
「停留所標識、道標、案内図板その他公衆の利便に供することを目的とする物件に表示するもの」は、次の条件を満たす場合に規制の適用除外となります。
  • 表示面積が、0.5平方メートル以下であること
  • 広告物の面積が掲出する物件の面積の5分の1以下であること
「工事現場の板塀、板囲い等に表示するもの」は、次の条件を満たす場合に規制の適用除外となります。
  • 一般の宣伝用ではないこと
  • 蛍光塗料、反射塗料を使用しないこと
  • 周囲の環境に配慮すること

屋外広告物の設置や屋外広告業の登録等に係ることなら
どんなことでも、何なりとお申し付けください。
contact

広島県屋外広告許可支援窓口は、
広島県三原市の行政書士すがはらあきよし事務所
により運営されています。

サブメニュー

トップへ戻る